参加中です。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村>猫ブログ

RSS配信新着情報

グリンクス
リンクリスト by BlogPeople
タグ
カテゴリ
全体
たらたら日記:258
まっくろ食堂:40
グリダイヤル:77
ごっつぉダイヤル:106
外メシダイヤル:188
ちゅうかツルツルウマウマ隊:67
EVENTSダイヤル:54
グリダイヤルmanabee:19
外あそびダイヤル:24
クライミングダイヤル:21
ダイブダイヤル:33
季節ものダイヤル:31
おとり寄せダイヤル:11
旅ダイヤル:41
リンクダイヤル:4
第九ダイヤル:14
最新のトラックバック
山形ラーメンブログリンク集
from FROM・該AMAGATA
NON STYLEの登場..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
藤崎マーケット「ララララ..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
1月5日のラッキーさん
from Modern Syntax
続き~SUKIYAKI ..
from 撮ったりなんだり
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


チーム・マイナス6%

21_21 DESIGN SIGHT
guridial.exblog.jp

ブログトップ
カテゴリ:ダイブダイヤル:33( 33 )
ナショジオ・ポータル講習の続き
b0039294_9205834.jpg
■ニジギンポ (Petroscirtes breviceps) イソギンポ科

b0039294_921935.jpg
■フレリトゲアメフラシ (Bursatella leachii de Blainville) 無楯目 アメフラシ科


ふっふっふ~。ピン、ヤバイくらいきてます♪ ストロボも当たってるし。ほっほっほ~☆ いつもこうだといいのにねぇ。
上は、砂地のど真ん中にポンと1つだけあるサザエの中にいたニジギンポ。KIYOさんによればサザエの中には卵があって、それを抱いて? 守って? いるのだそうな。けなげだ~ね~。
ダイビング好きなNORIのブログ」のNORIさんがお好きなフレリトゲアメフラシです。このコもグリさまと同じく、うんぽたれであります☆ うんぽを見つけて後をたどると、いるらしいですよ。ぽろぽろぽろ…。体長は10cmほど? もうすこしあったかな。トゲトゲの中に、ブルーの点がありまして、ストロボが当たってるので水色に光ってます。この点が見えないと、きっと砂地を漂ってる藻に見えるかもしれまへん。カワユイヤツですね。
[PR]
by guridial | 2005-09-28 07:20 | ダイブダイヤル:33
ナショジオ・ポータル講習
今日は、ナショナルジオグラフィック・ポータルの講習。
[ポイント] 加茂臨海公園 [ガイド] KIYOさん
[気温] 15℃ [風向] 北東 [水温] 水面25℃、水底24.5℃ [透明度] 10m
no.28→ [残圧] 120 [最大水深] 6.8m [平均水深] 5.0m [潜水時間] 51分
no.29→ [残圧] 130 [最大水深] 6.6m [平均水深] 5.2m [潜水時間] 44分

b0039294_123135.jpg
b0039294_124119.jpg
■マアジ (Trachurus japonicus) スズキ目 アジ科

雨です、寒いです…。本日は、MIKIさんと一緒に、ナショジオ・ポータルの講習であります☆ MIKIさんなんと、午前は四島で2本潜ったそうで。1日4本ですか~。すごい。
ポータル講習の前に、公園の芝生でコンパスを手にナビゲーションのおさらい。…おさらいねぇ。すっかり忘れてて、おさらいのレベルじゃないです…。水中での段取りは、コンパスを使って正方形に移動し、ムツサンゴを観察してスタートした位置に戻る、です。ムツサンゴはKIYOさんが指定した範囲にある個体数を数えて、水深と水温をダイブコンピューターから読み、ラストに写真撮影。
1本目、玉砂利の潜降ポイント下に、マアジの大群。急遽、しばらくマアジを観察したあと、サザエの殻の中で産卵中のニジギンポを越えて、フレリトゲアメフラシがいるポイントまでの移動の間でトビヌメリを見ながら頭よりも足を上にしてホバリング。なかなか足があがらず、ウエイトを上半身に引っ張り上げてクリア。あ、これってズルかしら。次は、垂直の壁の前で、1分間のホバリング。水底に足つけちゃダメね。キックはしないで、中性浮力をとって1分間。これもクリア。あ~よかったわぁ♪ またマアジの群れの中でホバリングしながら5分間の安全停止。これ、むずかしかった☆ 写真撮ってるとですね、gurimamaの場合、呼吸が止まるのですよ。吸ったまま止まると浮いて水面まで上がっちゃいそうだし、吐いて止めると水底でごろ~んとなっちゃいそうだし…。
2本目は、問題のナビゲーション。やっぱしね、練習したのに、間違えた☆ 失礼いたしました。恥ずかしいので割愛します(笑)
とにかく、マアジの群れがすごかった☆ ちっとも逃げないし、数もすごい。マサバが混ざってたり、イカがマアジを捕食しようと狙ってたりね。撮りながらホバリングしてるうちに、ぐるっとまかれた時にゃ、うんにゃ~~~~~~んぉぅ☆ 大興奮だったわ♪

■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
[PR]
by guridial | 2005-09-26 02:01 | ダイブダイヤル:33
四島で会ったコたち
「またまた、四島ジェッティ♪(no.26・27)」の続きざんす~。

b0039294_10263952.jpg
■チャガラ (Pterogobius zonoleucus) スズキ目 ハゼ科

b0039294_10281237.jpg
■サキシマミノウミウシ (Flabellina bicolor) 裸鰓目 ミノウミウシ亜目


かなりがんばって修正した~(笑) チャガラは真っ暗だったし、サキシマミノウミウシはピントがきてなかったし…。海中で確認するとさ、撮れてるように見えるんですよ、これが(爆) ま、単にgurimamaがヘマしてるだけなんですけどね。
どっちのコも初めて出会って、初めて撮影。チャガラ自体はよく見られるみたいなのですけど、gurimamaがこうやって確認できたのって初めてっていう意味ね。北方系ってことだけど、キレイだよね~、色。目がかわゆい♪ サキシマミノウミウシも夏から秋にかけて確認できるウミウシみたいです。庄内では四島だけ? なんですか? 不思議な形ですよねぇ。ツノ? かな? 今日は午後から加茂ビーチでムツサンゴの観察をする予定なのですけど、お天気がよくない。寒いのかしら…。そろそろ準備しよ~っと。

b0039294_20413236.jpg■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
↑ これが四島。R7から撮影。クリックするともう少し大きく見れます。
[PR]
by guridial | 2005-09-25 10:58 | ダイブダイヤル:33
またまた、四島ジェッティ♪(no.26・27)
[ポイント] ベタ凪の四島 [ガイド] KIYOさん(BOSSは別チームをガイド)
[気温] 30℃ [風向] 南東 [水温] 水面26℃、水底25℃ [透明度] 5~7m
no.26→ [残圧] 80 [最大水深] 15.6m [平均水深] 11.3m [潜水時間] 49分
no.27→ [残圧] 70 [最大水深] 13.7m [平均水深] 10.1m [潜水時間] 57分

b0039294_19342432.jpg
■ハコフグ (Ostracion immaculatus) フグ目 ハコフグ科 ハコフグ属
@ KIYOさんチームのみなさま、gurimamaの優先激写に感謝いたします~。最初、どれどれ~? って軽い気持ちだったので上からのぞいてみようかな~って思って逆さになってみたのですけど、どこどこ~? って捜してる間に、ついに逆立ち状態…。ん~、めんどっちいからこのまま撮ってちまえ~ぃ☆ って撮ったのがコレ♪ 水中だと逆さになっても苦しくないのですね。エアだけ足のほうに流れてるって感じだった。

b0039294_19465912.jpg
■ソラスズメダイ (Pomacentrus coelestis) スズキ目 スズメダイ科
@ 見えるように撮れてた♪ 奇跡だわ~。


b0039294_19435769.jpgb0039294_19454765.jpg←コイツたちが最近の四島のアイドル、ハコフグくんとソラスズメダイくんでありやす♪ どっちもキレイな色だ~ね~。見てわかるとおり、ソラスズメダイ、すごいちっちゃ~いのですよ。比較のために貝殻も入れてみた☆ どですか? わかるかな~。
gurimamaが大好きなウミウシくんたちはあんましいなかった。でも、おなじみのシロウミウシとサラサウミウシと多分、ゴマフビロードウミウシ? は見たわ。
まだ左手薬指付近が本調子じゃなくって、ウエットも着づらいし、BCも背負いにくいわって思ってたら、港で準備してるときにひっくり返っちゃった…。おはずかしや。港には釣り人がたくさんいて、おじさんがコアジを釣ってました。入れ食い状態☆ から揚げにして食べるんだってさ~。ジュルっ☆
ブリーフィングで見せてもらった今日見れるかもっていう海洋生物は、南方系も混じってて。ハコフグとか、キンチャクダイとかね。見つけたらみんなに教えること。オッス、了解だす。エントリーして前回は水底が水面から見えたんだけど、今日は見えず…。う~、ロープで降りよっと。いつもより耳抜きしにくい感じがあって、もしかして体調イマイチ? なんて思ったりもして。1本目・2本目とも灯台先端まで行って戻ってくるコース。2本目のがもうちょい奥まで行ったかな。行きは流れに向かって…なので岩をつかみながら。戻りは流れに乗ってぷわぷわ~っとね♪ 南方系の生物たちもこ~んなふうに流れてきたのかしら~、ええ気持ちや~ ぷわぷわ~☆ そんな感じです。1本目よりも2本目のが目が慣れてきて、いろんなものが見えた☆ でも濁ってるから離れるとヤバイっ! 迷子はイヤ~。っていう焦りがピンボケ写真の量産になるのですわ…。反省。でもハコフグも見れたし、ソラスズメダイも見れたし、コブダイくんたちにも会えたし、本日も大満足の四島だったわ♪
ポイントまで送ってくれる勝丸のおじさんがね「ちょっとにごってるほうが魚がいっぱいだ」って言ってたのよね。んで、BOSSに聞いたら「人間だって夜の方が元気でしょ?」だって☆ てへ。そですね♪ 心当たりございますとも~。(笑)

b0039294_2514447.jpg
■コケギンポ (Neoclinus bryope) コケギンポ科

b0039294_2522750.jpg
■ヒメギンポ (Springerichthys bapturus) ヘビギンポ科

b0039294_303232.jpg
■ウミイチゴ (Bellonella rubra)

b0039294_311677.jpg
■コブダイ (Semicossyphus reticulatus) スズキ目 ベラ科

b0039294_32766.jpg
■サラサエビ (Rhynchocinetes uritai) 十脚目 サラサエビ科


b0039294_20413236.jpg■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
↑ これが四島。R7から撮影。クリックするともう少し大きく見れます。
[PR]
by guridial | 2005-09-18 03:09 | ダイブダイヤル:33
四島ジェッティ初ダイブ & BOSSチーム初参加(no.24・25)
[ポイント] 四島 [ガイド] BOSS(KIYOさんとANNAちゃんは別チームをガイド)
[気温] 33℃ [風向] 北西 [水温] 水面26℃、水底24.5℃ [透明度] 12~15m
no.24→ [残圧] 60 [最大水深] 19.5m [平均水深] 11.6m [潜水時間] 55分
no.25→ [残圧] 70 [最大水深] 15.8m [平均水深] 10.4m [潜水時間] 60分

b0039294_5335641.jpg
■コブダイ (Semicossyphus reticulatus) スズキ目 ベラ科
※このコはguriとおんなじ♀です。♂もいましたよ。
↑ BOSSチームのみなさま、gurimamaの優先激写に感謝いたします~。

b0039294_7494950.jpg人気スポットの四島はコミコミです。あちこちから別のショップツアーに参加してるダイバーもやってきてます。で、gurimamaは四島ジェッティ初ダイブで、コブダイ初対面で、BOSSチーム初参加で、しかも、25本目です♪ わーの、わーの♪ BOSSからは「一緒に潜れるようになったんだねぇ~」なんてお言葉をいただきまして、感涙(笑) いや~、一緒にとはいうものの…ついてくので精一杯です。BOSSのフィンと、YOKOさんのフィンを見ながら、なんでそんなに速いのかを勉強しつつ、きゃわいい海中生物を見つけるとカメラをとりだし…。えー、すると、とーぜん遅れをとります。カズポンさんには、ずいぶんお世話になりました。どうもありがとうございます♪ BOSSチームのみなさま! これからもどうぞあたたかい目でgurimamaを見守ってくださいまし~。(笑)
四島はgurimama的に言うと、ミニ飛島という雰囲気。透明度がとーってもよくて、ウミウシもお魚もいーっぱいです。すっかり魅せられてしまいました。こんな近くでこんなダイビングができるなんて、オドロキです♪

b0039294_5343460.jpgb0039294_5344556.jpgb0039294_5345628.jpg
■オノミチキサンゴ (Dendrophyllia cribrosa) キサンゴ科
↑ BOSS~、案内していただいてありがとうございまーす。
■ウスマメホネナシサンゴ (Corynactis aff. viridis) 六放サンゴ亜綱
■ウミイチゴ (Bellonella rubra)

b0039294_5351457.jpgb0039294_5352525.jpgb0039294_5353368.jpg
■ダイダイウミウシ (Doriopsilla miniata) クロシタナシウミウシ科
■ゴマフビロードウミウシ (Jorunna parva) ドーリス科
■コモンウミウシ (Chromodoris aureopurpurea) イロウミウシ科

b0039294_5355623.jpgb0039294_536724.jpgb0039294_5361465.jpg
■サラサウミウシ (Chromodoris obsoleta) イロウミウシ科
■サラサウミウシ (Chromodoris obsoleta) イロウミウシ科
■オウゴンムラソイ (Sebastes pachycephalus nudus) フサカサゴ科

b0039294_536378.jpgb0039294_5364640.jpgb0039294_5365825.jpg
■コケギンポ (Neoclinus bryope) コケギンポ科
■イソギンポ (Parablennius yatabei) イソギンポ科
■ナベカ (Omobranchus elegans) イソギンポ科

b0039294_5372156.jpg
■マアジの群れ (Trachurus japonicus) アジ科
↑ 左のお顔は、多分カズポンさんでは? ということは、この時点でgurimamaがラストにおります…。

NORIさん、いつもながら海中生物の名前を教えていただいてありがとうございまーす♪ ウミウシくんたちの体の色が食べ物によってずいぶん違うってこと、初めて知りました。ますます興味シンシンです。

b0039294_20413236.jpg■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
↑ これが四島。R7から撮影。クリックするともう少し大きく見れます。
[PR]
by guridial | 2005-08-06 23:13 | ダイブダイヤル:33
加茂ビーチダイブ(no.21~23)
[ポイント] 加茂臨海公園 [ガイド] KIYOさんとANNAちゃん(BOSSは別チームをガイド)
[気温] 28℃ [風向] 南西 [水温] 水面26℃、水底24℃ [透明度] 6~8m
no.21→ [残圧] 100 [最大水深] 10.5m [水深平均] 6.6m [潜水時間] 58分
no.22→ [残圧] 140 [最大水深] 6.7m [水深平均] 4.5m [潜水時間] 37分
no.23→ [残圧] 110 [最大水深] 7.3m [水深平均] 5.3m [潜水時間] 65分

前回、低気圧の影響で潜れなかった加茂。今日はよいお天気です♪ そうなると、海はコミコミ。やっぱしねー。みなさん考えてることは同じなわけですよ。
で、今日からストロボを使い始めました。光量を調整しながら、パシパシ。とりあえず撮ってみたって感じかしら。相変わらず、海じゃボケボケカメラマンだすわ。ムツカシーっ。

b0039294_2233710.jpgb0039294_22335642.jpgb0039294_22343493.jpg
左から、
■ホウボウ稚魚 (Chelidonichthys spinosus) カサゴ目 ホウボウ科
■タツノオトシゴ (Hippocampus coronatus) ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
■イソギンポ (plablennius yatabei) スズキ目 イソギンポ科
↑ NORIさんありがとうございまーす。

b0039294_22345498.jpgb0039294_2236558.jpgb0039294_22361668.jpg
■シロウミウシ (Chromodoris orientalis) イロウミウシ科 シロウミウシ属
■コモンウミウシ (chromodoris aureopurpurea) 裸鰓目 ドーリス亜目
↑ NORIさん、どうもありがとうございまーす。
■ムツサンゴ (Rhizopsammia minuta mutsuensis) イシサンゴ目 キサンゴ科

b0039294_22363151.jpgb0039294_22363959.jpgb0039294_22364768.jpg
■マアジの群れ (Trachurus japonicus) スズキ目 アジ科 マアジ属
■ナベカ (omobranchus elegans) スズキ目 イソギンポ科
↑ NORIさ~ん、またまたありがとうございまーす。
■ムラソイの幼魚 (Sebastes Pachycephalus) カサゴ目 フサカサゴ科
↑ NORIさ~ん、どもどもありがとうございまーす。

b0039294_22371450.jpg
■シマウシノシタ (Zebrias Zebra) カレイ目 ササウシノシタ科
↑ きゃー、NORIさ~ん、これでカンペキです。ありがとうございまーす。

やっぱ図鑑がないとダメら~。わかんないコがいっぱいだわさ。あとね、コケギンポも撮ったんだけど、ボケてた…(涙) っつおーっ(←掛け声 笑) 次回はヘマしませんように。

■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
[PR]
by guridial | 2005-07-24 22:22 | ダイブダイヤル:33
加茂臨海公園2005シーズン初ダイブ
b0039294_1255596.jpg

今年の初ダイブは、早いです~。気温は26℃、水温は18℃。ベタ凪で透明度は10~12m。久々のグッドコンディションってBOSSが言ってました。もち、ウエットスーツで。ドライ、持ってませんし。未体験ゾーンですな。絵的にも、ウエットのが季節感が出て(笑)よいかもしんないですね~。なんたって、今回はお仕事ですから。それにしても、暑。真夏の太陽ほどじゃないにしても、照りつける陽射しで、お肌ジリジリ。ラッシュガード姿でウロウロしてる間に、しっかり焼けました。
今回は体験ダイビングの付き添い(笑)なので、気持ち的にはちょっと余裕があるんだな。っつーか、アタシがあたふたしたら、まずいでしょ(爆)
潜ってみたら、去年の夏よりも魚がいっぱいいるように見えたのね。BOSSは「目が慣れたんじゃないの」って言ってたけど、そうなのかしら。あんまりいっぱい見えてびっくりよ。砂地の水底にたまってる藻、初めて見たけど小魚がい~っぱい住んでるし。あと、カレイのベイビーも。砂の中に半分くらい埋まりながら、保護色を有効活用してピョンピョン跳ねて移動中。シロギスやウスメバル幼魚の群れにも遭遇。ヒメイカ、エムラミノウミウシ、アイナメ、スジコウイカ、ミガキボラガイとその卵も見れたしね。去年のシーズン中だって一度にこんなには見てないと思うんだな~。いや~、大当たりってことですかね?
上写真は、威嚇してる? ヒメイカ。体長2cmあるかしら。下写真左はミガキボラガイと産み付けられた卵。右から2つ目はホバリング中のコウイカ。

b0039294_1262349.jpgb0039294_126366.jpgb0039294_212564.jpgb0039294_1264571.jpgb0039294_1265985.jpg
■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
[PR]
by guridial | 2005-06-13 02:07 | ダイブダイヤル:33
今シーズン初プール。
b0039294_0361551.jpg

今シーズンに入って、初のダイビングですじゃ。
これは、水底から見た、プールサイドで手を振るNORIさん。

b0039294_038761.jpg

そんでもって、こちらも水底から見上げた空と、たまたま入った電柱と、バブルス。涼しげでしょぉ? この日は暑かったぜ~。本日の詳細は、明日アップしま~す。

■Urban Sports (アーバンスポーツ)
〒997-0802 山形県鶴岡市伊勢原町26-3
Tel.0235-25-5060(代) Fax.0235-25-5061
Urban Sports HP
[PR]
by guridial | 2005-06-10 00:47 | ダイブダイヤル:33
PADIナショナルジオグラフィック・ダイブセンター、誕生。
b0039294_15541013.jpg今、庄内の海がアツい! ←このマーク、見たことある人けっこういるんじゃないですかね。詳しくはしらずとも、ナショナル・ジオグラフィック知ってる人いると思うんです。いつもお世話になっている、アーバンさんが、昨日おじゃましたら、PADIナショナルジオグラフィック・ダイブセンターになってたの。あのときも、もちろん「すごーい」って思ってましたけど、PADIのを見たらますます、スゴすぎです。あぁ~、きっと全国から庄内の海を知りたいお客さんがいっぱい来て、きっとご当地名物のおみやげもいっしょについてきて、おいしいもの、いっぱい食べれんでしょ~ね~。(ジュルっ。よだれです)
全国広しといえども、この「PADIナショナルジオグラフィック・ダイブセンター」は、国内に14しかありません。しかも、最北端がアーバンさん。PADIの言葉を借りるなら、「PADIナショナルジオグラフィック・ダイブセンターは、質の高いプログラムと顧客サービスを提供する第一級のダイブセンター」なんだそうです。で、gurimamaの場合、ナショナル・ジオグラフィック・ポータルを受講すると、アーバンさんで「ナショナルジオグラフィック・ダイバー認定」が受けられるそうです。黒いカードらしいっすよ。

Urban Sports | http://www.urbansports.jp/
PADI | http://www.padi.co.jp/ng/index.asp

↓以下はPADIホームページより抜粋。
「ナショナル・ジオグラフィック」とは、アメリカ、ワシントンDCに本部を置く世界最大級の非営利の科学と教育の組織で、その使命は、「冒険」、「研究」、「教育」を通じて地球に関するの認識の向上とその保護です。1888年1月、初代会長を努めたガーディナー・グリーン・ハバードや電話を発明した科学者グラハム・ベルなど有識者33名によって「地理知識の普及と増進」を目的に設立された協会は、今日では、マガジン、テレビ番組、書籍、ビデオ、地図、インタラクティブ媒体、商品などに反映されています。ナショナル・ジオグラフィック・マガジンは、協会の公式会員誌で、現在25の言語で出版され毎月世界中で約4000万人の人々に読まれています。ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルは、25の言語に翻訳され147の国の約2億世帯に配信されています。Nationalgeographic.comには、毎月約4400件の訪問があります。
ナショナル・ジオグラフィックは、今までに7000以上の科学研究プロジェクトに資金援助を行い、地球に関する知識向上の教育プログラムをサポートしています。全てのナショナル・ジオグラフィックの収益は、重要な冒険、環境保護、研究、教育プログラムのサポートに使われています。
[PR]
by guridial | 2005-02-27 16:02 | ダイブダイヤル:33
これが マナティカード!
b0039294_2119814.jpgぐっふっふ☆ きたよぉ~☆ きたきたぁー☆ これが、マナティカードだぁ~!あの部活のような日々を思い出すと…クゥ~~~(は?まさか、泣?)…。ホント、チョー楽しかったですぅ☆ ネッ!KI~YOさんっ!寒かったり、足がつったりしたけどサ、いや~なことはすぐに忘れてしまうのが私のいいところ。なんちって。来年からはAOWとして思慮深い行動を!例えば、アクロバット潜行とか、撮影に夢中になっておもいっきり浮上しちゃうとか…。ハァ~。(過去を思い浮かべてる)アーバンスタッフのみなさま、ホントにお世話様ですぅ☆
「世界ふしぎ発見」を見てたら、レポーターがボートからバックロール、浮かずにそのまま潜行、しかも、海面すれすれ30センチくらいをキープ!いいよなー、キレイにできて。今回の放送は、紀元前から現在にいたるまで2000年以上の間、常にセレブの注目を集めるリゾート地だったという、南イタリア・カンパニア州のアマルフィ海岸(ナポリのちょい南)。その海岸から400m沖合いに沈む、古代ローマ時代の豪華な別荘群が、元イタリア空軍司令官のライモンドさんが撮影した写真がきっかけとなって発見され、その修復作業のために、水中考古学者と修復士が協力して、海の中で修復作業をしてました。うねりの強い海中で、レンガを積んで作った柱などが崩れないよう、レンガとレンガの隙間を特別な漆喰と道具で少しずつ修復するらしいです。これは水中でも固まるものだそうで。なんか、ちょっと感動しません?こういうの。してみたい。ちなみに、ライモンドさん、92歳でダイビング歴は70年だそうです。カッコイイ~。
[PR]
by guridial | 2004-11-07 08:14 | ダイブダイヤル:33

All Rights Reserved. Copyright © guridial.