参加中です。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村>猫ブログ

RSS配信新着情報

グリンクス
リンクリスト by BlogPeople
タグ
カテゴリ
全体
たらたら日記:258
まっくろ食堂:40
グリダイヤル:77
ごっつぉダイヤル:106
外メシダイヤル:188
ちゅうかツルツルウマウマ隊:67
EVENTSダイヤル:54
グリダイヤルmanabee:19
外あそびダイヤル:24
クライミングダイヤル:21
ダイブダイヤル:33
季節ものダイヤル:31
おとり寄せダイヤル:11
旅ダイヤル:41
リンクダイヤル:4
第九ダイヤル:14
最新のトラックバック
山形ラーメンブログリンク集
from FROM・該AMAGATA
NON STYLEの登場..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
藤崎マーケット「ララララ..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
1月5日のラッキーさん
from Modern Syntax
続き~SUKIYAKI ..
from 撮ったりなんだり
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


チーム・マイナス6%

21_21 DESIGN SIGHT
guridial.exblog.jp

ブログトップ
春の東京アートツアー① 1日目
b0039294_020393.gif24.5℃・11.7℃(←東京の天気) 《Detox》
デコポンジュース(1杯)、三年番茶(ポット)、ミネラルウォーター(0.5L)を飲んだ。

PASMOに2000円チャージして久々の東京ツアー1日目スケジュールは、
① 東京国立博物館「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」
② 東京都美術館「オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園」
③ 国立西洋美術館前庭(ロダン作「地獄の門」「考える人」「カレーの市民」など)
④ Tulsa Time
⑤ base cafe
⑤ ALLT GOTT
⑥ すみか吉祥寺店
⑦ more
まずは桜満開の超混みな上野公園口から東京文化会館と国立西洋美術館の間を急いで噴水わきを通り、東京国立博物館へ。東京都美術館は東門から入りました。ずっと立ちっぱなしで腰が痛くなったので正門前のベンチでしばし休憩し、国立科学博物館をツアーからはずすことにして公園口へ戻る途中ふたたび、西洋美術館前庭で「地獄の門」を鑑賞しつつ休憩。吉祥寺の必ず立寄る北口パルコ前のTulsa Timeで2足購入し、南町のbase cafeでは玄米ごはんとお味噌汁(番茶ポット付)と甘酒の苺クリームを、ALLT GOTTではノルウェー料理を、すみか吉祥寺店ではチューハイ、moreではカクテルをいただいて就寝。


b0039294_14325153.jpg
人力飛行機(パリ手稿Bに基づく模型)


b0039294_2337295.jpgレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」があるのは本館特別5室。というか本館には「受胎告知」のみ。東洋館の前を通過して通路にもなっている階段のある坪庭のまわりを1周している列に少々げんなりしつつも、日曜にしてはまだ早い方かもと思うことにして4列の行列へ並び、金属探知機を通過して入った展示室は、暗いし、暗くて、暗すぎるゥゥゥ。。。まずは遠目で鑑賞、同じ目の高さで鑑賞、そして最至近距離を通過、通過。。。極至近距離での絵画鑑賞はたぶん十数秒しかなかったかと。色も構図もタッチも結局はよく見えなかったというのが正直なところですが、暗いからなのかそれともテンパっちゃってたからなのかしら。
この絵の作者のものを見る目、思考がどんなだったかを解説しているのが本館奥にある平成館。主にパネル、模型の展示で鏡文字の手稿はガラスケース入り。最新技術で複製された原寸大の「受胎告知」「東方三博士の礼拝」「キリストの洗礼」は極至近距離でも比較的ゆっくり鑑賞できました。が、1点はなぜかガラス越し、はて。

b0039294_20552173.jpg

興味深かったのはかたちの変化の共通の法則・規則性と老いることまでもひっくるめての万物の運動。なんとなくそういうルールのようなものがあるんじゃないかと考えていたことをこんな昔に証明しようとした人がいたなんて。しかし永久機関については摩擦などによってそうはならないことをだいたい想像できそうなものだけれどずいぶんと思い入れがあってあきらめきれなかったのかな、なーんちゃって。
絵を描くためにこれだけの博物学的知識を学んでしかも解剖までやってしまったこの人を、少年時代にきちんとした教育を受けられなかったことをずいぶんというよりも相当引け目に感じてたんじゃないかと思ったのは、安堵感も計算の上として学んだこれらの知識ガチガチなところにそれこそ石橋を叩いて、叩いて、叩いてぇ、渡っているような気がしたからで天才じゃなくて秀才だったんじゃないかと。もしかしたらそんな人間臭く感じたところが元なのかもしれない勝手に湧いてきた親近感みたいなのがなぜかありました。反対に同じ人がこれだけのことを追求したということが納得しずらいこともあってそれこそ勝手にダ・ヴィンチは出口だけだったんじゃないか、みたいな。こりゃー単なるミステリー好きって感じでいただけませんが。
しかし、時代背景もあるだろうけどそこまで注ぎ込まずとも、と思ってしまうくらいに情報が多い(勝手に増やされてる?)絵画って、立ち止まらずに見ることなんてできなぃですょねぇ。


レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像
 The Mind of Leonardo-The Universal Genius at Work
東京国立博物館(第1会場:本館特別5室、第2会場:平成館特別展示室)
2007年3月20日(火)~6月17日(日) 
Special Thanks*招待券をくださったT氏

東京国立博物館
東京都台東区上野公園13-9 tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
9:30~17:00 ※ただし金曜、4/29~5/6は~20:00、
土・日曜、祝日は~18:00、入館は閉館30分前まで
[PR]
by guridial | 2007-04-01 23:59 | 旅ダイヤル:41
<< 春の東京アートツアー② 2日目 ハーゲンダッツが45コ!!! >>

All Rights Reserved. Copyright © guridial.