参加中です。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村>猫ブログ

RSS配信新着情報

グリンクス
リンクリスト by BlogPeople
タグ
カテゴリ
全体
たらたら日記:258
まっくろ食堂:40
グリダイヤル:77
ごっつぉダイヤル:106
外メシダイヤル:188
ちゅうかツルツルウマウマ隊:67
EVENTSダイヤル:54
グリダイヤルmanabee:19
外あそびダイヤル:24
クライミングダイヤル:21
ダイブダイヤル:33
季節ものダイヤル:31
おとり寄せダイヤル:11
旅ダイヤル:41
リンクダイヤル:4
第九ダイヤル:14
最新のトラックバック
山形ラーメンブログリンク集
from FROM・該AMAGATA
NON STYLEの登場..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
藤崎マーケット「ララララ..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
1月5日のラッキーさん
from Modern Syntax
続き~SUKIYAKI ..
from 撮ったりなんだり
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


チーム・マイナス6%

21_21 DESIGN SIGHT
guridial.exblog.jp

ブログトップ
夏山シーズン
b0039294_020393.gif25℃・18℃ 今日も高濃度酸素水(1L)。
ポットはいただきもののENGLISH AFTERNOON(WEDGWOOD)。
b0039294_85832100.jpg
段取下手に泣。ただ今現実逃避中のgurimamaです。
最近は7/1に登れてませんな~。今年もムリら。夏山と言えば、思い出すのが8月の初めの2泊3日登山@鳥海山。あれは何年前? 結婚前なので、もしかして10年くらい前。。。あとちょっとでひと昔前(笑) メンバーは、カメラマンのS木さんとI藤さん、極楽鳥海人のKさん。女子は同い年のT子ちゃんと少し年下のW田さん&gurimamaの総勢6人。
1日目は晴天に恵まれ、超スローペースでじっくり写真撮影。早めに御浜小屋へ入り、石垣の上に座って水彩画を描いてた方と一緒に夕陽を眺めたりしました。小屋には主のように1カ月も留まって写真を撮ってる、っていう方もいたりして、そんな方々のお話しを聞くのも楽しい。
またまた晴天の2日目は、早朝から鳥海湖で水くみ。小屋でたまたま一緒になった方から塩素をわけてもらって、入れすぎて「しぶ~ぃ」飲料水を確保(笑) 寝袋とか、カメラ(あの当時はデジカメとかはなくて、銀塩一眼)とか水とか、とにかく荷物が重たかった。小休止のときに座った登山道の大きな石の上で、ヨダレをたらしながら居眠りこきましたですょ。山頂小屋では中二階みたいなロフトみたいなところを陣取り。3食目の山小屋のごはんを交替で食べ、星空を眺めに外に出ました。
多分、今まで見た中で最高の星空は、このときのS木さんと一緒に見た空。手がとどきそうっていうのはこんな感じなのかと。流れ星もたくさん見ました。そして、下界では花火大会。吹浦かな? 尺玉が線香花火のように見えたっけな。
山頂小屋のロフトでは3人ずつ頭を外側に足がかさなるよう寝床を決め。夜中に、誰かがgurimamaの足をこすったりしてたのですけど、寝袋の外側だったし、実害もないようなので(笑) かまわず就寝。翌朝Kさんが「寝でっどぎ足かぃぐってや~」って。。。Kさんが掻いてたのは、gurimamaの足です。。。そりゃいつまでもかゆいわけだ。
3日目の夜明け前、ご来光を見るために、暗いうちにびゅうびゅう風が吹く雪渓を越えて、新山へ。雪渓、つるっつるで、滑落寸前(涙) もしgurimamaがここで滑落しても、誰も助けられないだろーなーって思うと、めちゃめちゃおっかなぃ~。雪渓を越えても、朝日が望める新山の上までは壁のようなところを登り。まるでアリンコの隊列みたい。みなさん眠たいのかキツイのか、終始無言。gurimamaは超キツかったな、コレ。帰りたかったもの(笑) 結局雲があって太陽をみることはできなかったのですけど、なかなか貴重な経験になったことは確か。山小屋4食目の食事は、前の3食とほぼ同じメニュー。ま、とーぜんと言えば、とーぜん。飲み込めなくて、残してしまいました、卵かけごはんが……。
3日目の下山する頃には雨模様。gurimamaは2日間の疲れが一気に出て、頭の先から足の先までむくんでパンパン。昔、じんましんで体中が腫れ上がって特撮マスクつけたみたいになったことがあったけど、似た感じまでふくれました。。。雨に霧で、すごかったな~。この日、霧で道がわからなくなった方々が小屋の近くで死亡する、といういたましい事故もあり。自然の美しいところと厳しいところ、両方を経験しました。

前々から腰が痛い、と言っていたS木さんは、しばらくして入院。翌年の5月に帰らぬ人となりました。S木さんと眺めた星空と花火は、きっと一生忘れないと思う。

2600
[PR]
by guridial | 2006-06-29 23:59 | たらたら日記:258
<< だだちゃ豆<早生>の花 ベッコウカサガイ? >>

All Rights Reserved. Copyright © guridial.