参加中です。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村>猫ブログ

RSS配信新着情報

グリンクス
リンクリスト by BlogPeople
タグ
カテゴリ
全体
たらたら日記:258
まっくろ食堂:40
グリダイヤル:77
ごっつぉダイヤル:106
外メシダイヤル:188
ちゅうかツルツルウマウマ隊:67
EVENTSダイヤル:54
グリダイヤルmanabee:19
外あそびダイヤル:24
クライミングダイヤル:21
ダイブダイヤル:33
季節ものダイヤル:31
おとり寄せダイヤル:11
旅ダイヤル:41
リンクダイヤル:4
第九ダイヤル:14
最新のトラックバック
山形ラーメンブログリンク集
from FROM・該AMAGATA
NON STYLEの登場..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
藤崎マーケット「ララララ..
from お笑い芸人ブログnaviお笑..
1月5日のラッキーさん
from Modern Syntax
続き~SUKIYAKI ..
from 撮ったりなんだり
以前の記事
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
more...
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


チーム・マイナス6%

21_21 DESIGN SIGHT
guridial.exblog.jp

ブログトップ
春の東京アートツアー② 2日目
b0039294_1485534.gif16.8℃・13.1℃(←東京の天気) 《Detox》
煎茶(1杯)、ライス&ソイ(1杯)、ソイラテ(1杯)、Surgiva(無発泡/0.75L)を飲んだ。

さらにPASMOに1000円チャージして2日目スタート。
① チャヤマクロビオティック伊勢丹新宿店
② 国立新美術館「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900―2005」
③ 東京都庭園美術館[展示替えで庭園のみ]
混み合うランチタイムをさけてチャヤマクロビオティック伊勢丹新宿店で食べた早目のランチを終えたのがなんと1時間半後。乃木坂st.から直結の国立新美術館はかなり人が多いのに混んでいないように思えるケタ違いな広さ。それでもしっかりした館内サインのおかげで迷うことなくミュージアムショップまで堪能、ここで16:00とはさすがの広さ。歩いて移動しようと思ってたところを止められて来た道を戻り目黒st.から東京都庭園美術館へ。ここで痛恨のミス。美術館内は展示替えで入場不可、庭園のみだったにもかかわらず雨が。思いつきな今日の行動がうらめしく、結局早めに空港へ向かい70番前のスタバで飛行機を見ながらソイラテを飲みました。

b0039294_6552413.jpg
ロダン作「地獄の門」(国立西洋美術館前庭)


b0039294_6584376.jpg当時駅舎兼ホテルとして作られたオルセー美術館はドーム状の天井などから自然光がさんさんと射しこむ館内にかけてある大時計が印象的、って行ったことはなぃので順路の都合なのかところどころに館内をプリントしたタペストリーがさげてあったのを見ながら思ったのですけどぜひともそーゆー環境で見てみたいものです。
うけうりですけど保存と公開は両端に位置し公開すればするほど傷みが増して価値がそがれるという一方の選択では後世へ引き継ぐ条件として十分ではないそういう意味でバランスのとりずらい年代の作品を暗めな展示室で見るのは構図より色がその表情として優先になる素人的にはあの絵の月光色の記憶と記録とのギャップは埋まりませんな。しかし王道に混じって質量というか雰囲気イラストレーションのような‥‥? ルーブルとポンピドー・センターの間の半世紀強というのはそういう時代だったのか。

b0039294_1821375.jpg

人間的つながりを元に構成する絵画展というのは最近よくある企画だそうで一般的に名画と呼ばれるものや単に大作が並ぶよりも当然気持ちの入り方というか角度が違って素人的に描かれた時代や人物背景がとても興味深くついつい時間がたつのを忘れます。
あるアーティストが手紙に書いていたのは絵画や音楽をすることが特別なのではなく、料理やそうじをすることのように演奏することが生活の一部であることや生活者としての感覚というのを失わないためにも「特別扱い」されるのは避けたいとか、一方通行な演奏会ではなくて演奏者は聴衆とコミュニケーションしたいと思っているとかだったのだけれどこの名画を描かれたすでに天に召された方々もそう思っていたもしくは実際そうだったとしたらこういった企画というのはどちらの立場にとっても有意義なもので理解が目的の追いつこうとすることがいつまでも追いつけない理由であることに気づいたのは遅いけどまぁ収穫かも。


オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園
東京都美術館[企画展示室] 2007年1月27日(土)~4月8日(日)
Special Thanks*事前情報をくださったT氏

東京都美術館
東京都台東区上野公園8-36 tel.03-3823-6921
9:00~17:00(入室は~16:30)
月曜休室 ※ただし、2/12は開室、2/13は休室
[PR]
# by guridial | 2007-04-02 23:59 | 旅ダイヤル:41
春の東京アートツアー① 1日目
b0039294_020393.gif24.5℃・11.7℃(←東京の天気) 《Detox》
デコポンジュース(1杯)、三年番茶(ポット)、ミネラルウォーター(0.5L)を飲んだ。

PASMOに2000円チャージして久々の東京ツアー1日目スケジュールは、
① 東京国立博物館「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」
② 東京都美術館「オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園」
③ 国立西洋美術館前庭(ロダン作「地獄の門」「考える人」「カレーの市民」など)
④ Tulsa Time
⑤ base cafe
⑤ ALLT GOTT
⑥ すみか吉祥寺店
⑦ more
まずは桜満開の超混みな上野公園口から東京文化会館と国立西洋美術館の間を急いで噴水わきを通り、東京国立博物館へ。東京都美術館は東門から入りました。ずっと立ちっぱなしで腰が痛くなったので正門前のベンチでしばし休憩し、国立科学博物館をツアーからはずすことにして公園口へ戻る途中ふたたび、西洋美術館前庭で「地獄の門」を鑑賞しつつ休憩。吉祥寺の必ず立寄る北口パルコ前のTulsa Timeで2足購入し、南町のbase cafeでは玄米ごはんとお味噌汁(番茶ポット付)と甘酒の苺クリームを、ALLT GOTTではノルウェー料理を、すみか吉祥寺店ではチューハイ、moreではカクテルをいただいて就寝。


b0039294_14325153.jpg
人力飛行機(パリ手稿Bに基づく模型)


b0039294_2337295.jpgレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」があるのは本館特別5室。というか本館には「受胎告知」のみ。東洋館の前を通過して通路にもなっている階段のある坪庭のまわりを1周している列に少々げんなりしつつも、日曜にしてはまだ早い方かもと思うことにして4列の行列へ並び、金属探知機を通過して入った展示室は、暗いし、暗くて、暗すぎるゥゥゥ。。。まずは遠目で鑑賞、同じ目の高さで鑑賞、そして最至近距離を通過、通過。。。極至近距離での絵画鑑賞はたぶん十数秒しかなかったかと。色も構図もタッチも結局はよく見えなかったというのが正直なところですが、暗いからなのかそれともテンパっちゃってたからなのかしら。
この絵の作者のものを見る目、思考がどんなだったかを解説しているのが本館奥にある平成館。主にパネル、模型の展示で鏡文字の手稿はガラスケース入り。最新技術で複製された原寸大の「受胎告知」「東方三博士の礼拝」「キリストの洗礼」は極至近距離でも比較的ゆっくり鑑賞できました。が、1点はなぜかガラス越し、はて。

b0039294_20552173.jpg

興味深かったのはかたちの変化の共通の法則・規則性と老いることまでもひっくるめての万物の運動。なんとなくそういうルールのようなものがあるんじゃないかと考えていたことをこんな昔に証明しようとした人がいたなんて。しかし永久機関については摩擦などによってそうはならないことをだいたい想像できそうなものだけれどずいぶんと思い入れがあってあきらめきれなかったのかな、なーんちゃって。
絵を描くためにこれだけの博物学的知識を学んでしかも解剖までやってしまったこの人を、少年時代にきちんとした教育を受けられなかったことをずいぶんというよりも相当引け目に感じてたんじゃないかと思ったのは、安堵感も計算の上として学んだこれらの知識ガチガチなところにそれこそ石橋を叩いて、叩いて、叩いてぇ、渡っているような気がしたからで天才じゃなくて秀才だったんじゃないかと。もしかしたらそんな人間臭く感じたところが元なのかもしれない勝手に湧いてきた親近感みたいなのがなぜかありました。反対に同じ人がこれだけのことを追求したということが納得しずらいこともあってそれこそ勝手にダ・ヴィンチは出口だけだったんじゃないか、みたいな。こりゃー単なるミステリー好きって感じでいただけませんが。
しかし、時代背景もあるだろうけどそこまで注ぎ込まずとも、と思ってしまうくらいに情報が多い(勝手に増やされてる?)絵画って、立ち止まらずに見ることなんてできなぃですょねぇ。


レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像
 The Mind of Leonardo-The Universal Genius at Work
東京国立博物館(第1会場:本館特別5室、第2会場:平成館特別展示室)
2007年3月20日(火)~6月17日(日) 
Special Thanks*招待券をくださったT氏

東京国立博物館
東京都台東区上野公園13-9 tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
9:30~17:00 ※ただし金曜、4/29~5/6は~20:00、
土・日曜、祝日は~18:00、入館は閉館30分前まで
[PR]
# by guridial | 2007-04-01 23:59 | 旅ダイヤル:41
ハーゲンダッツが45コ!!!
b0039294_1485534.gif12.1℃・0.8℃
コーヒー(3杯)を飲みました。

b0039294_2254167.jpg

まるで売り場のような量(!!!)のハーゲンダッツがMさんから届きました。型破りです。
[PR]
# by guridial | 2007-03-31 23:59 | たらたら日記:258
W退職
b0039294_020393.gifb0039294_23121698.gif8.0℃・4.3℃ 《Detox》
コーヒー(3杯)を飲みました。

b0039294_1385979.jpg

揃って退職することは前々からの話で、私も早く一緒に縁側でお茶のみしたぃゎ、なんて言ってたりしてたんですが。アレンジを届けに行ったときに送別会で留守だった両親のことをばぁちゃんから“面倒みてやってくれの”って言われて、自分が親の面倒を見るような年になったんだと思ったら、急に自分たちも含めて年をとったように感じられ。。。でもあの方たちはそういぅつもりは毛頭なさそぅですけれど。

40年もの間、
家族を支えてくれてどうもありがとう、
お疲れさまでした。
これからもどうぞよろしく。
[PR]
# by guridial | 2007-03-30 23:59 | たらたら日記:258
ちょこ撮りチョコレイトブラウン
b0039294_1485534.gif11.0℃・3.6℃
DAKARA(0.5L)、コーヒー(3杯)を飲みました。

b0039294_103663.jpg

ちょこ撮り用にファミリー入りしたチョコレイトブラウンなキャメラを歓迎するフェアトレイドなテントウムシチョコです。最初別なコンデジを予定していたのですけれど、予定のコンデジの見た目が、イマイチだわ~と思っていたスキを、売り場のお姉さんのハチのように刺しまくる力説でK.O.されました。んなの選択肢に影響なし、なんて少々気どっておりましたけれど、「顔キレイ○ビ」が再生時にもきっちり仕事をすると知って、へぇ~。なんて、思わず言ってみたりして。
[PR]
# by guridial | 2007-03-29 23:59 | たらたら日記:258

All Rights Reserved. Copyright © guridial.